ダイエットできていないのは寝る前に大量に食べる為

只今お勧めのメンズエステ
メンズTBC フェイシャル ラ・パルレ メンズ脱毛専門店

ダイエットできていない理由の1つを理解しておりますが、それがなかなか止めれません。というのは、甘いものを寝る時間まで食べていることです。結構大量です。大量とは、饅頭1個プラスポテトチップス大1袋とか、ケーキプラスプリンとか、チョコパイ300円くらいの1袋全部とかです。

もっと言うと・・・
お酒もタバコも吸わないから・・・というのは言い訳なんですが、どうしても食べ過ぎるという点で問題があります。生きがいに近い食べること。それは人間として普通の欲望かもしれませんが、甘いものの過剰摂取、寝る時間1時間前にお腹一杯食べること、お菓子を1袋から2袋簡単に食べてしまうことが大きな問題です。

甘いものに関しては、口の中に含んだ瞬間の癒し感が堪りません。口の中に甘いものが広がって残っていると幸せな気持ちにもなります。食べないと調子が悪くなってきます。甘いものを食べ始めると止まりません。いくらでも口の中へ放り込めます。

寝る前1時間前にお腹一杯食べるのは、忙しいので食べる時間がどうしても夜中の寝る直前になってしまいます。早い時間に食べることも可能といえば可能ですが、早い時間に食べても寝る前には小腹がすいてしまい、何かしら食べてしまいます。お腹が空いていると神経質に眠ることができなかったり、すぐに目が覚めて健康を害してしまいます。

お菓子が大好きで、何でもいけます。ラムネ、酢昆布、お年寄りが食べるようなお菓子、乾パンまで・・・。通常は、スナック菓子、チョコパイ、ケーキ、饅頭、煎餅などをメインに食べます。いずれにしても、なくなるまで食べてしまいます。それらを平らげて就寝するということも珍しくありません。幸いジュースは甘いものばかりではなく、スポーツドリンク系かコーヒー系です。どちらも甘いジュースよりはましですが、それなりの糖分は入っています。おいしいですね。

こんな生活でダラダラと自己管理できずにいるのがダイエットできていない足を引っ張っている部分です。結局は自己管理という点に限ると思いますので、これから工夫をして何とかダイエットを成功させたいと思います。

甘いものの摂取というのは、寝る前の摂取というよりは過剰摂取の方が問題が大きいと思ってます。これだけ食べて標準体重近辺をうろうろできるのは、やはり定期的な運動をしているからかなと感じております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA